FC2ブログ

一番幼い頃のエロい記憶など

はじめまして、綾川ちゆきです。
アメブロで下記のブログを投稿したら速攻で表示できなくなってしまったので、FC2に引っ越してまいりました。
私は、エロいことが大好きな痴女系の人です。
ボイスコ・ネット声優・同人声優と呼ばれる趣味を始めようと想ってます。
どうして私がエロくなってしまったのか振り返りながら、エロ生育歴について綴っていきます。
直接的な表現は少ないかもしれません。気分によります。

一番幼い頃のエロい思い出について今回は書いていきます。

私は小学生の頃、マンションの5階に住んでいました。
エレベーターを使って学校から家に帰っていました。
ある日の帰り、エレベーターに男が乗っていました。
私は何も思わず、一緒にエレベーターに乗り込みました。

エレベーターが5階に到着し、私がエレベーターから降りると、男が後ろからついてきて
私の腕をつかんで、階段の踊り場へ連れ出しました。
そして、私のスカートをめくりあげ、下着の中に手を入れてきたのです。
しばらく、下着の中の幼い私を、男がいじっていました。
ただただ気持ちが悪くて、私は泣き出しました。
すると男は階段からすごい勢いで逃げていきました。

家に帰ってから、母に話すと、母は学校に電話しました。
次の日、学校では朝礼がありました。
「昨日、ある生徒が痴漢に遭いました。エレベーターには一人で乗らないようにしましょう」というようなことが校長先生から話がありました。
その時私は「痴漢に遭ったの私なんだよ」と周りに話したくなりました。
でも、それは恥ずかしいことだと分かっていたのでやめました。

何故男が下着の中を触ったのか、不思議に思いましたが、両親に聞いたりしませんでした。
痴漢にあった、ということも両親とはその日以来話していません。
幼いながらも、それが両親を困らせると分かっていたのでしょうか。

男はロリコンだったのでしょうね。大学生くらいだったのではないでしょうか。
幼い私を触った夜は、興奮していたのかもしれません。
最初のエロい記憶はそんなところです。


おまけ
私は歩き始めた頃、寝ている父親の顔に顔面騎乗したらしいです。全裸で。
なかなかのプレイをやらかす幼女だったようですね。

次回は、エロ本との出会いでも書こうかな…



クリックしてくださると、励みになります!↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR